未成年でもレーザー脱毛はできるのか

レーザー脱毛を利用している年代

昔は脱毛をする方法としては、かみそりや毛抜きなどを使って自己処理をする事が殆どでした。エステサロンやクリニックにいってレーザー脱毛をするというのはかなり高額の費用になりましたから、お金に余裕がある人がしているというようなイメージもあったのです。

けれども最近は段々と脱毛をしたいと思って利用者数も増えてきている分、レーザー脱毛をできる場所も増えて価格もかなり落ち着いてきました。何十万円もしていた施術料金も、脇などであれば1万円以下でも行えるようになったのです。利用する年代もかなり増えてきていて、30代を中心に20代や40代などでも美容を意識している人はレーザー脱毛を気軽に利用しています。

最近はさらに若い世代でも美容に関心が高まっていますので、10代の未成年でもやってみたいと考えているほどです。相談をされて母親も驚いたという経験がある人もいるかもしれません。未成年でも利用ができるのかどうかと思うかもしれませんが、クリニックでもいろんな条件などもありますので、まずはやってみたいと思った時に問い合わせて施術ができるかどうかを聞いてから、カウンセリングなどもしてもらうといいでしょう。

 

レーザー脱毛の利用について

基本的にレーザー脱毛は医療機関で行われますので、施術のときに使用される機器も安全性の高いものです。未成年であっても利用は出来ますが、大抵どこのクリニックでも子供だけでは駄目で親の同席または同意書などが必要になります。ホームページなどをチェックしていても、未成年の利用については大きく記載がないことも多いですから、利用を検討している場合には直接電話などをして問い合わせをした方が確実です。

ただし、未成年にレーザー脱毛の施術自体はできるものの、まだまだ成長途中ですから毛根も未成熟です。一度レーザー照射をして無駄毛が生えなくなったとしても、成長の過程で再度毛が生えてきたりすることもあるのです。そうなるとやはりもう一度脱毛をしにいかなくてはいけないという事になってしまいますので、費用が無駄になってしまったと感じる事もあります。

成長期はホルモンの分泌も盛んですから、機器の利用自体は大丈夫だったとしても利用する側の体にはあまり効果がないこともあります。そのため、ホルモンの分泌も落ち着いてきた年代、早ければ20代ぐらいから行うようにするというぐらいが身体的にも費用の面でもよいと言えるでしょう。