埋没毛の解消に効果的な治療方法

埋没毛はどうしてできてしまうのか

ムダ毛の処理をかみそりや毛抜きなどを使って家で自己処理しているという人は今でも少なくありません。自己処理は自宅で自分の都合のよいときに気軽にできるのでたいへん便利なのですが、カミソリや毛抜きなどでムダ毛を処理する際に肌を傷つける方法を続けていると、だんだんと肌が黒ずんで見えてくると言うトラブルにつながることがあります。肌が黒ずむのはダメージを受けた肌が色素沈着を起こすことも関係しているのですが、なかには自己処理を繰り返したことによって埋没毛になってしまうことも挙げられます。これは肌が傷ついた部分がかさぶたになって毛穴がふさがれてしまい、本来は毛が生えてくる場所がふさがることで、毛が肌の表面に出てくることができなくなり、皮膚の下にとぐろを巻くように成長してしまった状態です。皮膚の表面に毛が生えてこずに皮膚の下で伸びるため肌を通して黒ずんで見えるというものです。埋没毛はムダ毛を誤った方法で自己処理し続けたことでできてしまうもので、放置しておけば長い間には表面に出てきて抜け落ちる可能性もあるのですが、なかには炎症を起こすケースもあります。少なくても自分で解消しようとして針でほじったり毛抜きで無理に肌の上から引っ張るようなことは絶対に避けなければなりません。

 

埋没毛を解消するための治療法

できてしまった埋没毛の治療には、炎症を起こしたりしたものはすぐにでも皮膚科に行く必要があります。すでにトラブルを起こしてしまっている場合には自己流の治療をするのではなく皮膚科できちんとした治療を受けないと跡が残ってしまうこともあります。何もせずに放置することで皮膚内でいずれは吸収されたり、通常の皮膚のターンオーバーで自然に排出されるとも言われていますが、もしもそのように自然に治るとしてもかなり長い年月が必要になります。早く埋没毛を解消したいと考えるなら、とにかく皮膚科に相談することがおすすめです。皮膚科では角質を柔らかくする塗り薬の処方などによる治療が行われます。肌を傷つけることなく穏やかに埋没毛を解消することができます。埋没毛を作らないようにするためにはエステなどで脱毛してもらう事が最も効果的です。脱毛エステの施術では毛根そのものを破壊することで毛が生えてこないようにするため、埋没毛を作る心配がなくなります。ただしできてしまっているものをレーザー脱毛やフラッシュ脱毛で簡単に取り除くことはできません。やはり埋没毛ができる前にプロの手によって永久脱毛してもらうのが最も安全で確実な方法だと言えます。